パソコンのプロに頼るデータ修復|起動しないPCにも対応できます

周辺機器

未然に防ぐことが大切

異状発熱を防ぐためにできること

HDD

hddの故障の原因の一つに異状発熱があります。hddはPCが様々な処理を行なう際に熱を発生するのですが、これが異常な高温になると故障の原因となります。 基本的にhddは50度以下の状態が正常と言われていますが、hddが古い場合や夏場の気温上昇などにより50度以上になる場合があります。この状態が続くと異状発熱と言われており、対策が必要になります。 異状発熱になった場合、対策が必要になりますが、お勧めしたいのがPCケースの交換と冷却ファンの取り付けです。PCのケースによっては構造上、熱がこもりやすくなっているものもあるため、パーツ店などで、通気が良いケースを探してみましょう。また、ケースの交換が面倒なら、冷却ファンだけでも取り付けてみるようにしましょう。大きな改善がみられる場合があります。

異状発熱は環境にも気を配ろう

hddの異状発熱は周囲の環境によっても引き起こされます。特に夏場に室温が上昇すると異常発熱になることはよくあります。夏場にPCを起動させたまま外出する方がおられますが、hddの故障の原因となりますので、外出の際はクーラーをつけて出かけるか、PCの電源を切るようにしましょう。 一般的に、hddの発熱は50度以下が正常と言われていますが、実際に触れて温度を計測するわけではありません。hddの温度を測るには専用のソフトを使用する必要があります。測定ソフトには無料のソフトもありますので、利用してみましょう。 異常発熱はhddの故障の原因の一つと考えられていますが、異常発熱が無くてもhddは故障することがあります。頻繁にバックアップをとることを心がけましょう。