パソコンのプロに頼るデータ修復|起動しないPCにも対応できます

周辺機器

故障させないための対策

パソコンの調子が悪い時には

HDD

パソコンの故障として最も多いのがhddの故障です。hddはパソコンの中でも最も多く動作するため、長く使えば使うほど故障の確率が高くなります。平均的な寿命は4〜5年と言われていますが、使用状況によってはもっと早く壊れる場合もあります。hddは大抵の場合、壊れる前兆があります。パソコンから異音が聞こえるようになった、動作が急に遅くなった、フリーズする回数が多くなった、ハードディスク関連のエラーメッセージが表示されるようになった、そんな時はhddの故障が疑われます。速やかにデータをバックアップし、hddの診断を行いましょう。 hddの診断にはフリーソフトが便利です。インターネットで検索するとフリーの診断ソフトとその使用方法を見付けることができますので、自分に合ったソフトをダウンロードして利用しましょう。

hddが故障していた場合

hddにはデータ記憶領域という円盤部分があり、そこにデータを保存しています。前述した診断ソフトを使うと、このデータ記憶領域のクラスタ単位でエラーが起きていないかチェックすることができます。クラスタとはファイルやディレクトリに割り当てられる最小の容量の単位で、複数のセクタから成り立ちます。クラスタエラーはデータ記憶領域に物理的に傷がつくことによって起こりますので、診断後はエラー領域が増えることはあっても減ることはありません。クラスタエラーを発見した場合は即データのバックアップを行い、hddの交換を検討しましょう。 hddは故障する前に前兆がある場合が多いですが、突然壊れてしまう事もあります。2〜3か月に1度はhddの診断を行い、普段からデータのバックアップを取るよう心掛けましょう。